NOEX

SERVICE事業紹介

創造の種から森を育む

FABTOPE ファブトープ

ファブトープはNOEXがつくった新たなモノづくりの仕組み。製品づくりだけでなく、技術やサービス、販売も含めて支援する、新たなモノづくりの仕組みです。

Intention of NOEXメッセージ

Intention of NOEXメッセージ

ものづくりは未来づくり

「300年後の日本のための新しい産業をつくりたい」
代表・山田祐輝の強い意志と、その情熱を共にするスペシャリストと共にNOEXはスタートしました。

  • MEMBERノエックスで働く人たち

    core spilits of NOEX
    NOEXを支えるコアメンバー

    製品の内製開発やトータルサポート体制といったNOEXの強みを支えるのは、創設メンバーを中心とした3人のスペシャリスト、FA(ファクトリーオートメーション)ハード、ソフト、コンストラクションと一気通貫で事業を行います

  • MEMBERノエックスで働く人たち

    メカトロニクステクノロジー
    プラットフォーム
    チーフエンジニア
    谷口 和隆

    ファクトリーオートメーションを担当。
    社内の製品製造設備であるコンパクトファブラインと顧客先の自動化ライン、両方の開発を手掛ける。「分業しないからこそ新技術やトラブルにも迅速に対応できる」と自負する通り、ヒヤリングから、構想設計、メカ、電気制御、プログラムまで自ら行う「NOEXは全員が有言実行で各分野のスペシャリスト。互いに信頼し、期待しあえる関係にあるので短期集中で製品化できるのが最大の強み」

  • MEMBERノエックスで働く人たち

    ソフトウェアテクノロジー
    プラットフォーム
    チーフエンジニア
    髙橋 賢治

    Linuxファームウェア,マイコンファームウェア、クラウドバックエンド、フロントエンドなど多岐にわたるソフトウェア開発を担当。顧客の悩みや要望に対し、できる限りの選択肢を用意し最善のゴールを提示するのが信条。「動けばヨシではなく、なぜここが動くのか、本質を理解してゼロから土壌を整えていくのがソフトウェア開発のおもしろさ」。開発能力だけではなく他の分野のエンジニアやお客様に難しい技術の内容をかみ砕いてわかりやすく説明することにも力を入れている。高橋が作るソフトウェアには高度な思想と技術が入っている。

  • MEMBERノエックスで働く人たち

    エレクトリカルコンストラクション
    プラットフォーム
    チーフエンジニア
    石谷 伸夫

    製品の取り付け工事を行うNOEXの最前線、石谷の入社によって製品の開発生産に加えて工事まで一気通貫で行う事が可能となった。
    何よりも"現場"を大切にするNOEXにおいて、社内スタッフと連携を取りながら顧客先での業務を担う構成は大きい。「ゼロから生み出す製品が多いからこそ、改修・改善はつきもの。その解決スピードと各部署との連携には自信があります」。

Make Our Next○○○○○○○○○○○○

「Make」とはものづくり、市場づくり、未来づくり。
NOEXは能動的に描き、創り出すことを信条にしています。

CONTACT

NOEXへのお問い合わせはこちらよりお願いいたします。

TEL 050-7120-7926

Working hours

平日 9:00〜18:00

Telephone

050-7120-7926

COMPANY会社概要

会社概要

社名 株式会社ノエックス (NOEX inc.)
代表者 代表取締役社長 山田 祐輝
本社所在地 〒300-2635 つくば市東光台5-9-5 B1
TEL. 050-7120-7926
FAX. 0297-37-4798
資本金 300万円

ACCESSノエックスへの行き方

つくばエクスプレスをご利用の場合

TX秋葉原駅から47分、「研究学園駅」下車。
下車後、北口より作岡シャトル「つくバス (つくば市コミュニティーバス)」に乗車後、「東光台5丁目」にて下車。停留所より徒歩約2分
※画面上部のマップに停留所位置も表示しております

車をご利用の場合

首都圏中央自動車道・つくば中央インターチェンジにて下車。下車
後、サイエンス大通りを研究学園駅(北)方向へ4.3km。
※駐車方法

HISTORY沿革

沿革

2015年 6月 茨城県つくば市千現にて株式会社ノエックスを設立
工作機械修理事業を開始
ごみ収集システム「SMART TRASH BOX」の開発(特願2015-152289)
2016年 4月 IoTプラットフォームを活用した高齢者生活支援システム「LASHIC」次世代サービスを株式会社インフィック・コミュニケーションズと共同開発
バスロケーション・バス運行管理システム「見えバス」を開発
2017年 3月 自動製造装置「コンパクトファブライン」を開発
2018年 1月 自動製造装置「コンパクトファブライン」の外販を開始
5月 第2回めぶきビジネスアワード 茨城県知事賞を受賞
6月 平成29年度グローバル・ベンチャー・エコシステム連携加速化事業費補助金(スタートアップファクトリー構築事業)(経済産業省)に採用
8月 チョコレート製造ライン工作機械を開発・出荷
2019年 1月 事業規模拡大により本社を茨城県つくば市東光台に移転
6軸ロボットを使ったワークローダーシステムを開発・出荷